ANTCICADAで「シロヘリミドリツノカナブン漬け込み酒」を試飲

昆虫食レストランANTCICADAへ「シロヘリミドリツノカナブン漬け込み酒」を飲みに行った。この甲虫はアフリカ原産のカナブンで、オスがメスを誘うフェロモンが桃のようなフルーティーな香り。ついつい3杯飲んじゃった。 つまみ続きを読む “ANTCICADAで「シロヘリミドリツノカナブン漬け込み酒」を試飲”

ANTCICADAで「地球を味わうコース料理」を堪能

東京日本橋にある昆虫食レストランANTCICADAで昆虫を素材にした「コース料理」を堪能した。前菜からスープ、メイン、締めのコオロギラーメンやデザートまで、旬の食材を使った料理のフルコース。料理一品ごとに厳選された酒が用続きを読む “ANTCICADAで「地球を味わうコース料理」を堪能”

カイコ味噌ラーメンをチェンマイ風にアレンジ

昆虫食のANTCICADAが開発した「カイコ味噌ラーメン」は、赤味噌と白味噌をブレンドした深みのある味噌ベースに、カイコ蛹をふんだんに使った濃厚なオイルペーストを加えることで、カイコにしかない特徴がスパイスとなり、濃厚で続きを読む “カイコ味噌ラーメンをチェンマイ風にアレンジ”

コオロギビールを昆虫食のANTCICADAから宅配

昆虫食のANTCICADAがコオロギを原料に使用したクラフトビール「コオロギビール」のオンラインショップを2021年4月28日から開始したのですぐに注文し、数日後に化粧箱に入れられ冷蔵配送されてきた。 国産のフタホシコオ続きを読む “コオロギビールを昆虫食のANTCICADAから宅配”

チェンマイ大学で「コオロギポッキー」作り講習会

タイ全国から食用コオロギ関係者を募り、チェンマイ大学昆虫学研究室主催のコオロギセミナーを実施した。 午前中はコオロギの養殖関係のセミナーを実施し、午後は「コオロギポッキー」作り講習会をおこなった。 カメラやスマホで「コオ続きを読む “チェンマイ大学で「コオロギポッキー」作り講習会”

生キャベツにタイ味噌ナムプリックパオ

タイ人に教わった。日本でタイ風に生キャベツを食べたいときには「ナムプリックパオ」をつけて食べる。 この「ナムプリックパオ」は、干しエビ、タマネギ、ニンニク、唐辛子などを油で炒め、それに砂糖と塩を混ぜて作るそうである。 最続きを読む “生キャベツにタイ味噌ナムプリックパオ”

タイ東北部で見たタガメの調理法

タイ東北部を旅していると虫屋台をよく見かけるが、そこで売られている昆虫類は素揚げが基本である。 タガメに着目してみると、翅を切り落とし、パンダンリーフと共に揚げられていた。パンダンリーフはタイ語でバイトゥーイというが、こ続きを読む “タイ東北部で見たタガメの調理法”

コオロギコーヒーを飲んだ

きょう通販で買った「コオロギコーヒー」を飲んだ。 コーヒーが好きで、銘柄は特にブラジルサントスが好き。そのコーヒー豆を使いフタホシコオロギの粉末が20%配合されているというのでかなり期待した。 飲んだ感想は、コーヒーは新続きを読む “コオロギコーヒーを飲んだ”

竹虫の生息場所と竹虫料理タイ北部

「竹虫」はタケツトガ(蛾)の幼虫で、タイでは「ロットドゥアン(急行列車)」や「シンカンセン(新幹線)」と呼ばれています。英名は「Bamboo worm」 女の子「これとても美味しいよ」 僕「どこで採ってきたの?」 女の子続きを読む “竹虫の生息場所と竹虫料理タイ北部”

プノンペン国立博物館と王宮カンボジア

ホーチミンからプロペラ機で国境を越え、カンボジアの首都プノンペンに入る。 プノンペンではポルポト関連以外では「プノンペン国立博物館」と「王宮」と「シルバーパゴダ」を見学したが、なんといっても国立博物館は圧巻だった。日本語続きを読む “プノンペン国立博物館と王宮カンボジア”

ホーチミン市内観光ベトナム

ダナンからベトナム航空でホーチミンへ移動した。ホテルは落ち着いた雰囲気のコンチネンタル・サイゴン 市内観光は、豪華な旧大統領官邸(統一会堂)、リアルな戦争証跡博物館、歴史博物館、サイゴン大教会(聖母マリア教会)、福海寺(続きを読む “ホーチミン市内観光ベトナム”

ベトナム中部「ダナン」で宿泊したホテル

フエから列車で3時間かけてやって来たベトナム屈指のリゾート地ダナン。まずは妻がネットで予約していたホテルへ。部屋は14階のオーシャンビューでバルコニーにベンチがあった。 目の前に広がるダナンビーチは美しい! 70kmにも続きを読む “ベトナム中部「ダナン」で宿泊したホテル”

ハノイにある「ホアロー捕虜収容所」ベトナム

「ホアロー捕虜収容所」は、植民地時代にフランスによって造られた監獄で、フランス敗戦後も、ベトナム人民軍の捕虜収容所として使われた。現在はその一部が博物館として公開されており、独房、集団房、拷問の道具、処刑台や当時の様子を続きを読む “ハノイにある「ホアロー捕虜収容所」ベトナム”

ベトナム鉄道でフエからダナンへ

フエからダナンへの移動手段は、バス、ツアーバス、乗合のワンボックスカー、タクシーなどがあるが、「列車の旅」を選んだ。 列車の座席は、木製で直角のハードシートとエアコン有のリクライニング・ソフトシートの2タイプがあり、リク続きを読む “ベトナム鉄道でフエからダナンへ”

寝台列車でハノイからフエへ南下

北は首都ハノイから南はホーチミンまでの1,700kmを結ぶベトナム鉄道(1936年開通)は、戦争により幾度となく破壊されては復旧が繰り返され、ベトナム戦争終結の1年後の1976年に全線が修復された。以後、「南北統一鉄道」続きを読む “寝台列車でハノイからフエへ南下”

ハノイ市民は早朝から活動的ベトナム

ハノイで宿泊したホテルの前は細長い公園になっていた。その公園で早朝から年配たちの太極拳や若い人たちの大音量でのエアロビクス、動きが入った瞑想、太鼓の練習、真剣勝負のバドミントン、ジョギング、ウオーキン、ウエイトトレーニン続きを読む “ハノイ市民は早朝から活動的ベトナム”

ハノイにある国宝を探訪ベトナム

「ベトナム軍事歴史博物館」を訪れた。そもそもベトナム戦争は、第二次世界大戦以降に顕在した「資本主義・自由主義陣営」と「共産主義・社会主義陣営」の対立、つまりアメリカとソビエト連邦の間に起きていた冷戦が背景にある代理戦争だ続きを読む “ハノイにある国宝を探訪ベトナム”

プノンペンで昆虫料理を食すカンボジア

プノンペン市内の屋台ではなくちゃんとしたレストランで、ハチの巣をバナナの葉に包み蒸し焼きにした料理を食べた。クメール料理に昆虫を食材にした料理があった。 「ハチの巣の蒸し焼き」左半分は幼虫の口が見えるので表向き、右半分は続きを読む “プノンペンで昆虫料理を食すカンボジア”

プノンペンの居酒屋にてカンボジア

プノンペンのビールをメインにしている居酒屋に入り、旅の疲れを癒した。 その前にマッサージに行った時のことである。施術師たちが、アランヤプラテートはカンボジアという内容のことを話していた。確かにポルポトによる内乱時代にカン続きを読む “プノンペンの居酒屋にてカンボジア”

プノンペン郊外にある「キリングフィールド」カンボジア

ポル・ポト政権時代に、罪なき人々が大量に処刑され、遺体が埋められた場所を「キリングフィールド」と呼ぶ。後に掘り起こされたときにできた大きな穴には今植物が覆いかぶさり、綺麗な花を咲かせ、蝶が乱舞していた。 慰霊塔内部には、続きを読む “プノンペン郊外にある「キリングフィールド」カンボジア”