ハノイの風景ベトナム

ベトナムと聞けば、小学校のころクラスでもめ事が起こると担任が「ベトナム戦争だってもう終わろうとしている」と仲裁していたのを思い出す。実際は1975年4月30日のサイゴン陥落によってやっとベトナム戦争が終わった。いまでは北続きを読む “ハノイの風景ベトナム”

ベトナム北部ハロン湾クルーズ

ベトナム屈指の絶景ハロン湾。水墨画のように幻想的な風景が広がるハロン湾には、水平線から大小2,000以上の奇岩が突き出している。 ハロン湾のハは降りる、ロンは龍で「龍が降り立つ場所」を意味し、かつてこの地に龍の親子が舞い続きを読む “ベトナム北部ハロン湾クルーズ”

ベトナム中部フエの風景

フエは、北のハノイと南のホーチミンのちょうど真ん中にあり、ベトナム最後の王朝グエン朝が都を置いた古い街である。街を流れるフォーン川を挟んで旧市街地と新市街地に分かれ、遠くにはラオスと国境を分ける安南山脈の山々が望める。 続きを読む “ベトナム中部フエの風景”

ラオス航空の機内誌に炙りタガメ

ビエンチャンからルアンパバーンまで乗ったラオス航空の座席前にあった機内誌の表紙に、タガメを炙っている写真が出ていたのにはびっくりしました。 ページをめくると詳しい解説が載っていました。

旅で食べた「フエ料理」と「ホイアン料理」ベトナム

旅先では、できるだけその地域の郷土料理を堪能することにしている。 若いころ昆虫の調査でベトナムに行って一番最初に覚えたベトナム料理といえば、小ぶりの揚げ春巻き「チャーゾー」だった。 今回はベトナム中部のフエとホイアンで食続きを読む “旅で食べた「フエ料理」と「ホイアン料理」ベトナム”

グエン王朝跡を歩くベトナム

ベトナム中部フエの中心部を流れるフォーン川の北側に、19世紀初頭から20世紀半ばまで栄えたベトナム最後の王朝グエン朝の名残を今に伝える「王宮」がある。 「グエン朝王宮」王宮南側にある「午門」から入る。総2階建てのこの建物続きを読む “グエン王朝跡を歩くベトナム”

ベトナム中部ホイアンの風景

ホイアンは、16~17世紀頃にはアユタヤと並んで日本人町があり、最盛期には1,000人以上の日本人が住んでいたという。しかし今では「来遠橋(日本橋)」がわずかにその面影を残しているのみである。 そんなかつての日本人町を歩続きを読む “ベトナム中部ホイアンの風景”

東京で「ケープムー」豚の皮の素揚げを食す

きょうも妻は仕事で帰りが遅いので、ガパオとソムタムを食べに地元昭島のタイ料理店 Dee Dee Dining へ ガパオライスの量がとても多い! ソムタムも多い! さらに自家製のケープムー(豚の皮の素揚げ)もソムタムと一続きを読む “東京で「ケープムー」豚の皮の素揚げを食す”

ルアンパバーンには蝶豆花が似合う

お昼過ぎにラオス北部の山あいの街ルアンパバーンに到着。宿のフロントで手続きをしていると、冷たくて甘い「バタフライピー・ジュース」(蝶豆花アンチャン)のサービスを受けた。これが始まりだった。 「蝶豆花の天ぷら」スタッフにお続きを読む “ルアンパバーンには蝶豆花が似合う”

ラオスの古都「ルアンパバーン」

ルアンパバーンはラオスの北部にある古都で、かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた街である。ラオスを象徴するその街並みは、歴史的・文化的な観点から評価され、街全体が世界遺産に指定されている。 早続きを読む “ラオスの古都「ルアンパバーン」”

お土産の「イナゴの佃煮」

旅行から帰ってきた妻から「イナゴの佃煮」のお土産 容器には「高原の風味いなご」とラベルが貼ってある 甘辛くてお世辞抜きでとても美味い! むかし駅裏の路地にあった和風スナックのママさんが、多摩川の河川敷で採ってきたイナゴを続きを読む “お土産の「イナゴの佃煮」”

アンコール遺跡群カンボジア「バンテアイスレイ」と「クバールスピアン」

「バンテアイスレイ」赤っぽい砂岩で造られた美しい寺院だった。砂岩に施された微細な彫刻はとても優美で、保存状態もきわめて良い。一風変わった遺跡で、しっかり記憶に残る遺跡だ。 「クバールスピアン」車を降りて樹林の中の山道を1続きを読む “アンコール遺跡群カンボジア「バンテアイスレイ」と「クバールスピアン」”

アンコール遺跡群カンボジア「アンコールトム」②

アンコールワットが単体の寺院であるのに対し、アンコールトムは一辺3kmの城壁に囲まれた都城で、その中に王宮や複数の寺院がある。その広さはアンコールワットの約4倍もある。ちなみに「トム」はクメール語で「大きい」という意味。続きを読む “アンコール遺跡群カンボジア「アンコールトム」②”

アンコール遺跡群カンボジア「アンコールワット」と「アンコールトム」

「アンコールワット」は、カンボジア北西部に位置する世界遺産のアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表する寺院である。ヒンドゥー教寺院として造られたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在も上座部仏教寺院となっている続きを読む “アンコール遺跡群カンボジア「アンコールワット」と「アンコールトム」”

ミャンマー国鉄列車の旅

ヤンゴン環状線とマンダレーからバガンまで夜行列車に乗った。乗車した感想を一言で言えば、「遅くて揺れる」であるが、車内を売り子が頭に果物をのせて通り南国の旅情をかきたてる。 王宮を思わせる「ヤンゴン駅」 駅のホームは広々と続きを読む “ミャンマー国鉄列車の旅”

落ちそうで落ちない「ゴールデンロック」ミャンマー

チャイティーヨー・パヤー通称「ゴールデンロック」は、ヤンゴンの北東約210kmに位置する標高1,100mのチャイティーヨー山の頂上にある。その頂上をなす巨大な岩盤の上に、高さ約7mの丸い岩がのり、今にも落ちそうな不安定な続きを読む “落ちそうで落ちない「ゴールデンロック」ミャンマー”

ミャンマーの古都バゴー

ヤンゴンの北東約70kmに位置するバゴーは、バガンやマンダレーと並ぶミャンマーの古都である。 バゴーには、ミャンマーで最も高い仏塔や、多くの巨大な仏が建立され、ジャングルに埋もれたままになっていた寝仏などがある。 「シュ続きを読む “ミャンマーの古都バゴー”

長閑なマンダレーでのんびりミャンマー

マンダレーはヤンゴンに続く第2の都市。ミャンマー最後の王朝となったコンバウン朝の都だった。 街の北側に高さ230mほどの神聖な丘「マンダレーヒル」が広がり、そこにはたくさんの仏塔があり、いわば丘全体がひとつの寺院となって続きを読む “長閑なマンダレーでのんびりミャンマー”

マレーシアの古都マラッカ

マレーシア発祥の地ともされるマラッカはマレーシアの古都。15世紀にマラッカ王国が誕生し、その後ポルトガル、オランダ、イギリスと欧州列強国に支配されながら独特の文化が生まれた。 マラッカのランドマークといえば「オランダ広場続きを読む “マレーシアの古都マラッカ”