フアランポーン駅のシャワー室の昔と今

昔はフアランポーン駅のホーム先端に「トイレ」と「シャワー室」があった。

しかし、駅舎内(駅入って右斜め前方奥)に新しく「トイレ」と「シャワー室」が出来て、ホーム先端のトイレ・シャワー室は現在閉鎖されている。

駅舎内にある新しい個室でシンプルな「シャワー室」は、トイレと少し離れていて、綺麗

夜行列車でバンコクに着いたときなど、温水シャワーはとてもありがたい。料金は昔も今も10バーツ(35円)

今年11月に予定されている首都圏鉄道「レッドライン」(バンスー ~ ランシット間 / バンスー ~ タリンチャン間)の開通に伴い、タイ国鉄フアランポーン駅は、年内にも閉鎖されバンスーに移転が完了する。

学生の頃は、駅ホーム上で焼いていたガイヤーンとカオニヤオを買い込んで夜行列車に乗っていた。思い出がいっぱいの「フアランポーン」

2004年当時のホーム先端の「トイレ」と「シャワー室」 料金はトイレが2バーツでシャワーが10バーツ

駅舎内に新しくシャワー室ができ、現在は閉鎖されている

駅舎内にあるお湯の出る「シャワー室」 料金は10バーツ(35円)

バンコクの定宿シークルンホテルからフアランポーン駅を見る。ドイツのフランクフルト中央駅を模した造りとなっている

フアランポーン駅は移転後、建築物保存のため、商業施設を併設する「鉄道博物館」になるという。

Hua Lamphong Station, State Railway of Thailand

列車内が禁酒になったのは辛い

今回の列車の旅で最も辛かったことは、寝台列車に揺られながらタイ・ビールが飲めなかったことだった。

列車や駅舎内に「飲酒禁止」のステッカーが、いたるところに貼ってあった。

ステッカーをよく見ると、10,000バーツ(35,000円)の罰金などが記載されている。

なぜこうなったのか・・・

タイ国鉄の寝台車両で乗客のタイ人少女(13)が強姦、殺害され、寝台車担当の臨時職員のタイ人男(22)が逮捕された事件を受けてのことである。

具体的な内容は書けないほど痛ましい事件だった。

夜風に吹かれながらシンハーを飲めた時代が、また戻ってこないかな~

<南タイの旅、2015年8月>

State Railway of Thailand

チェンマイで食べる「蓮の葉包みごはん」カオホーバイブア

住んでるコンドミニアムの近くに、ガソリンスタンドに併設されたコンビニ&カフェがあり、そこで「蓮の葉包みごはん」タイ語でカオホーバイブアが食べられる。カオ=ご飯、ホー=包む、バイブア=蓮の葉、という意味。

蓮の葉に、タイの黒米とジャスミンライスを掛け合わせて作られた品種(紫米)のご飯を包んで蒸したタイ料理である。豆や木の実がのっている。

蓮の葉を破いたときのフワッと漂う蓮の香りは何とも言えない。「あ~タイだ」とつぶやきたくなる。

「蓮の葉包みごはん」カオホーバイブア

あっさりとした辛くないご飯で、飽きのこない味である

蓮の葉を破いた瞬間フワッと漂う蓮の香りが何とも言えない

アンチャンの花が添えられている

メニュー「蓮の葉包みごはん」59バーツ(210円)

北タイ産のコーヒー、お茶が付いてくる40バーツ(140円)

この女性がコンビニのスタッフであり、かつ併設のカフェで食べる「蓮の葉包みごはん」のコックさん。お客がいないとおどけて見せる(笑)

しかし、今コロナ禍でどうなっているかな・・ちょっと心配

Steamed Riceberry Rice in Lotus Leaf Wrap, delicafe, Chiang Mai, N Thailand

タイ東北部ロイエットに1200年前の仏塔

タイ東北部ロイエットにドヴァラヴァティー王国時代の仏塔が現存している。

ドヴァラヴァティー王国は、6世紀ごろから11世紀ごろまで存在したといわれるモン族の王国である。 ナコンパトムを中心としたチャオプラヤー川沿いのモン族による都市国家の集まりだったと考えられている。

ドヴァラヴァティー王国の勢力はタイ東北部にまで及んでいたと考えられ、メコン川支流のチー川やムーン川流域にも、環濠集落や製塩、製鉄の遺跡がみられる。またこの地域では、建造物の四隅に立てられる結界石の存在が特徴である。

ロイエットのこの仏塔の四隅の結界石は無くなっているが、新しく白い石を据え、それと分かるように黄色い旗が立てられている。

ドヴァラヴァティー王国時代の仏塔

大部分の壁面が剥がれ落ちて煉瓦造りの様子がはっきり分かる

1200年もの間、村人たちを見守って、そして心のよりどころになってるって素晴らしいと思いました。

Chedi of Dvaravati era, Roi Et, NE Thailand

タイ東北部ロイエットのブッダパーク「ワット・パノンサワン寺院」

タイ東北部ロイエット郊外の田園地帯に忽然と広がるワット・パノンサワン寺院は、正門からブッダパーク状態で、ノンカイのサラケオークやビエンチャンのブッダパークを彷彿とさせる。この寺院は、「ブッダパーク」エリアとその奥にある「地獄寺」エリアに分かれている。「地獄寺」に関しては「ロイエットの地獄寺」をご覧ください。

ワット・パノンサワン寺院 の 「ブッダパーク」エリア

入口の門、ここから始まる

門をくぐるといきなりすごい形相の2頭の龍が迎えてくれる

ツインの力強い龍神の下には仏様

奥に登れる仏塔、各階に展望台

亀2頭が仏殿を背負っている

仏塔の入口、ここから入り登って行く

途中には仏様の壁画が描かれている

お参りする場所がある

最上階中央には5体の坐像

最上階からの眺望、眼下にさっきのでかい亀

寺院の周辺は完全な田園地帯

寺院正門の手前1kmには、このようなゲートがある。トゥクトゥクをチャーターして行った

外国人観光客は僕ひとり。タイ人が少し来ていた。仏教美術家が創造したんだろうな…  すべてのオブジェには意味があるんだろうな…

Wat Pa Non Sawan, Roi Et, NE Thailand

プーケットの寺院ワット・チャロンの仏塔がすごい

プーケット島の南部にそびえ立つワット・チャロン寺院の仏塔は、高さ60mのランサーン(ラオス)様式の仏塔で、3階のデッキからの眺めがとても素晴らしい。途中1階、2階の壁には、仏陀の生涯が色鮮やかに描かれている。

ここには、1876年に起きた中国移民の大暴動を奇跡的に鎮圧した二人の僧侶とその弟子の僧侶が祀られており、健康・商売・学業などが奇跡的に叶うパワースポットとしてタイの多くの人々に愛されているという。

高さ60m のワット・チャロン寺院の仏塔

イスラムの服をまとった女性もお参りしていた。

Wat Chalong (Wat Chaiyathararam), Phuket, S Thailand

タイ東北部ロイエットの高さ60mの立像「ワット・プラパピラム寺院」

ロイエット市内のどこからでも見える高さ60mの立像は、タイで最ものっぽな仏像である。立像の足元へ近づくとお顔が見えない。

アユタヤの涅槃仏は大きいと思っていたが、調べてみたら全長28mだった。

ワット・プラパピラム寺院

タイで最ものっぽな高さ60mの立像

寺院の入口から見る立像の後ろ姿

なぜこんなのっぽな立像を建立したのだろう。いつでもどこにいてもお参りできるようにしたのだろうか…

Wat Burapapiram, Roi Et, NE Thailand

シャン族によって建てられたチェンマイのビルマ式寺院ワット・パパオ

チェンマイのお堀の北面外側にひっそりと建つビルマ式寺院「ワット・パパオ」は、ビルマ(ミャンマー)北部のシャン州からの移民によって、1883年に建てられたという。

チェンマイにはミャンマーから働きに来ているミャンマー人が結構いる。僕の住んでいるコンドミニアムにも現業職としてミャンマー人が3人働いている。あるときタイ文字を教えてもらおうとしたら、その方たちは会話はできるけどタイ文字は全く読めなかったので分かった。でもいつもフレンドリーで、とてもよく働くし、何でも迅速に快くやってくれる。

また、市中の食堂も細かく見るとミャンマー食堂がある。この寺院はそんなミャンマーの人たちが、心のよりどころとしてお参りに来るんだろうな…

木彫りが素晴らしいビルマ式寺院ワット・パパオ

ランナー様式寺院とはちょっと違う

壊れた部分と思われるが、大切にしている

チェンマイをもっともっと知りたい。

Burmese temple, Wat Pa Pao, Chiang Mai, N Thailand

チェンマイ大学の精霊ピーの祠と寺院

チェンマイ大学正門から入り真っすぐ500mほど進むと突き当りに精霊ピーを祀る祠がある。さらに進み階段を上がるとチェンマイ大学の寺院がある。就職や結婚が決まったらお参りに来るが、普段は人影も少なく静寂な寺院である。

精霊ピーを祀る祠

大学で記念行事があった後、学生がお参りしていた。後ろに見える赤い屋根がチェンマイ大学の寺院

樹木に囲まれたチェンマイ大学の寺院の本堂

本堂のすぐ裏手に仏殿

本堂を背にした風景。このキャンパス内のメイン道は、卒業式の日には卒業生や在校生が大勢集まり、卒業生の前途をお祈りします。正面最奥が正門

国立のチェンマイ大学のキャンパス内に、仏教伝来以前から存在していたタイ族の精霊信仰を象徴するピーの祠があり、また当たり前のように仏教寺院もある。教職員や学生の中にはイスラム教を信仰する人たちも少なからずいるが、宗教の自由を認め合っているのは素晴らしい。しかし、大学主催の仏教行事が時どきあるが、他宗教のスタッフはそれに参加していないのがやっぱりどっか気になる。

Chiang Mai University (CMU), Chiang Mai, N Thailand

ワット・マハタート寺院はタイ東北部ナコンパノムのシンボル

メコン川に面したランサーン(ラオス)様式のワット・マハタート寺院は、ナコンパノムの人々が誇りにしている寺院である。お碗を伏せた形の仏塔とは似ても似つかない。

ナコンパノムのシンボル「ワット・マハタート寺院」は市民の誇り

ちょうどお色直し中だった

見るからに格式の高そうな本堂

メコン川に面した門も格調高い

翌年もまた訪問した。夜の ワット・マハタート寺院 も素晴らしい

市民の誇りが壁面に表れている

コロナが明けたら、また行こうと思ってます。

Wat Mahathat Nakhon Phanom, NE Thailand

タイ東北部サコンナコンに白いふくよかな仏塔

タイ東北部サコンナコンの自然の中に、タイの寺院とは思えない白いふくよかな仏塔があった。何だか新興宗教をイメージさせる建築物で、中には黄金の涅槃像が安置されていた。間違いなく仏教寺院。ウドンタニから参拝の人が来ていた。

新興宗教を思わせる仏教寺院

黄金の涅槃像がご本尊のようだ

外のデッキに蝶が舞い降りてきた

Sakon Nakhon, NE Thailand

タイ東北部サコンナコンに原子炉みたいな形をした仏塔

タイ東北部サコンナコンの小高い山の上に原子炉みたいな形をした仏塔ワット・ルアンプーワンがあった。その内部には金ピカの仏像がたくさんあったが、解説した表示が無かったので詳細は不明。

本尊の両脇にシカがいたのが気になった。さらに仏塔の外にもシカのオブジェがあったので、シカにまつわる由緒があるものと思われる。シカ寺院

原子炉みたいな形をした仏塔ワット・ルアンプーワン

内部には金ピカの仏像があり、本尊の両脇のシカが気になる

仏塔の外にシカのオブジェ 何か由緒がありそう

地図で見るとサコンナコンよりもウドンタニの方が近かった。

Wat Luang Phuwan, Sakon Nakhon, NE Thailand

タイ東北部にあるランサーン様式の仏塔

タイ東北部サコンナコンにあるランサーン(ラオス)様式の仏塔シーモンコン

1983年に10年以上かけて地元民によって復元されたという。総工費100万バーツ(約1,000万円) 底辺10m、高さ36m

シックな仏塔シーモンコン 壁面には立像と上に坐像

別の壁面には「遊行仏」

祀られている御本尊

仏塔シーモンコンへの入口

仏塔シーモンコンの経緯が記された看板

タイ東北部イサーンには多様なランサーン(ラオス)様式の仏塔が点在します。

Chedi Phra Thaat Sii Mong Khon, Sakon Nakhon, NE Thailand

奇妙な形をしたワット・ウドムソムポーンの仏塔

タイ東北部サコンナコンにある奇妙な形をしたワット・ウドムソムポーン寺院の仏塔。何をイメージした造りなのだろう… どうやら3重の蓮の花をイメージしたもののようだ。

蓮の花をイメージしたワット・ウドムソムポーン寺院の仏塔

仏塔内部には高僧の像が鎮座している

仏塔を説明した看板があった

いろんな形をした仏塔がありますね~

Wat Udom Somporn, Sakon Nakhon, NE Thailand

メコン川沿いに立つエキゾチックな仏塔

ウボンラチャタニ市街からチャーターした車でメコン川沿いを散策する。その第一の目的は、古代人が描いたパーテムの壁画を見ることであった。

次にコンチアムの寄ったが、その街にはアラブを思わせるような仏塔があった。小高い丘の上にあるワット・タムクハサワン寺院の境内である。

エキゾチックなワット・タムクハサワン寺院の仏塔

仏塔の近くに大きな仏像が鎮座

丘を少し下ると信仰の対象と思われるゾウがいて、ゾウの鼻先に電球が付いていた。その後ろにはメコン川が流れている

赤茶色のメコン川の対岸はラオス

Wat Tham Khuha Sawan, Khong Chiam, Ubon Ratchathani, NE Thailand

人生で最もバッタを食べた日 しかも東京都心で

東京秋葉原の路地裏のイサーン料理屋「バーンチェン」で、バッタ(タッカテーン)をいっぱい食べた。6年前の2015年5月のある日のこと。タイを含めこんなにバッタを食べたのは初めてだった。

店主の奥さんのニックネームはモッ(蟻)さん、ニックネームからして昆虫である。僕が昆虫に興味を持っていることを知っているので、おそらく大盛にしてくれたのだろう(^o^)丿

バッタとコブミカンの葉の素揚げ

シンハーがいつもより進んだ

この店の一押しのガイヤーン つけダレが最高

本場の風味のタイラーメン

昆虫の調査で1980年チェンマイに滞在しているとき、ナイトバザールを散策していたらタケムシの素揚げが目に入ったので、興味本位で買って食べたのが僕の昆虫食の始まりである。

その後は、地元昭島駅裏のスナックのママさんが自分で多摩川の河川敷で採ってきたイナゴを佃煮にして出してくれていた。とても美味しかった。それがバッタ食との出会いである。

Thai Restaurant Ban Chiang, Tokyo, Japan

ランサーン様式のワット・プラタートチャムパ寺院

タイ東北部ナコンパノム県ポンサワンにあるランサーン(ラオス)様式の「ワット・プラタートチャムパ寺院」

仏塔には、ストーリーがありそうな仏教美術が施されていた。

メコン川を渡ればラオス。ラオスは、かつて「100万頭の象」という意味を持つ「ランサーン王国」と呼ばれていた。それは力強い王国であった。

ランサーン様式の仏塔を見ているとラオスの香りがしてきた。

ランサーン(ラオス)様式のワット・プラタートチャムパ寺院

四面には2体セットの守護神のヤック(鬼神)が仏塔を護っている

仏塔には、象に乗り戦をするランサーン人と思われる絵柄が施されていた

こちらにも象に乗り戦をするランサーン人、その下は馬に乗ったビルマ軍と思われる

それぞれの柱には守護神の顔が並んでいる

寺院とは一般的には「仏像を安置したり,僧侶の住む建物があるところ」という意味であるが、この建物は上階に太鼓があり、何かを告げるための僧房の一部と思われる

ナコンパノムで宿泊したリバーホテルのスタッフに車で案内してもらった。

Wat Phra That Champa, Phon Sawan, Nakhon Phanom, NE Thailand

タイ東北部サコンナコンの山の上に建つ風変わりなワット・タムピアン寺院

タイ東北部イサーン地方には、他では見られないようなちょっと変わった形をした寺院がいくつもある。サコンナコン県のプーファレック山の山頂に1971年に建てられた「ワット・タムピアン寺院」もそのうちのひとつである。

サコンナコンの街からソンテウをチャーターして行ったが、ウドンタニからの方が近かったと思う。それにしても外国人が訪れないためか英字表記が全くない。意外とこれが快感(笑)

プーファレック山の山頂に佇む「ワット・タムピアン寺院」 丸い窓にも黄金の仏像が鎮座している

仏像の背景には菩提樹が描かれている

タイの地方を旅する時は、市街地はトゥクトゥクかサムローを数時間から半日、離れたエリアへはソンテウを1日チャーターしていろんなところへ連れて行ってもらうことにしている。安宿にもタイ語で書かれた観光スポットを案内したリーフレットが置いてあるので、それを手掛かりに片言のタイ語で運転手と交渉する。これがまた旅の醍醐味のひとつでもある。

Wat Tham Puang, Sakon Nakhon, NE Thailand

タイ南部ラーメンを想い出のトランで食す

大通りの交差点に大きな時計塔があるタイ南部の街トラン。この街は学生の頃、タイ南部での昆虫調査の拠点にしていた街であり、またマレーシアへの中継地点でもあった。

当時はバーミーナーム(タイ黄色麺)1杯5バーツ(1B=10円)だったが、量が少なかったので決まってお代わりをしていた。

街の小奇麗な食堂シーファーで食べたラーメン

ウエイトレスに「トラン風のラーメンを食べたいんだけど・・」と言って注文したら、こってりとした風変わりなラーメンが運ばれてきた。豚肉だけでなくレバーの切れ端も入っていて、それが見かけ以上に辛かった。こんなタイラーメンは初めて

辛かったので追加注文でココナッツ・アイスを注文し、まさかと思ったがそれが当たり、アイスの下にもち米ご飯カオニャオが隠れていた

いろいろ教えてくれたウエイトレス

屋台で一番人気のワンタン入り緑麺

宿泊したトランホテルの横のラーメン屋台は流行っていた。売れ筋の黒スープのワンタン入り緑麺を食べた。とても美味かった。赤豚チャーシュー大好き

トランホテル横のラーメン屋台 いつもテーブルは埋まっている

昔のタイラーメンは、大雑把に言えば麺が半透明のクイッティアオと黄色のバーミーナームしかなくシンプルで、しかも量が少なかった。しかし今やタイラーメンの多様性は驚くほどいろいろある。信じられないほどこってり系もある。

Trang, Southern Thailand