アンコール遺跡群カンボジア「アンコールトム」②

アンコールワットが単体の寺院であるのに対し、アンコールトムは一辺3kmの城壁に囲まれた都城で、その中に王宮や複数の寺院がある。その広さはアンコールワットの約4倍もある。ちなみに「トム」はクメール語で「大きい」という意味。続きを読む “アンコール遺跡群カンボジア「アンコールトム」②”

アンコール遺跡群カンボジア「アンコールワット」と「アンコールトム」

「アンコールワット」は、カンボジア北西部に位置する世界遺産のアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表する寺院である。ヒンドゥー教寺院として造られたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在も上座部仏教寺院となっている続きを読む “アンコール遺跡群カンボジア「アンコールワット」と「アンコールトム」”

ミャンマー国鉄列車の旅

ヤンゴン環状線とマンダレーからバガンまで夜行列車に乗った。乗車した感想を一言で言えば、「遅くて揺れる」であるが、車内を売り子が頭に果物をのせて通り南国の旅情をかきたてる。 王宮を思わせる「ヤンゴン駅」 駅のホームは広々と続きを読む “ミャンマー国鉄列車の旅”

落ちそうで落ちない「ゴールデンロック」ミャンマー

チャイティーヨー・パヤー通称「ゴールデンロック」は、ヤンゴンの北東約210kmに位置する標高1,100mのチャイティーヨー山の頂上にある。その頂上をなす巨大な岩盤の上に、高さ約7mの丸い岩がのり、今にも落ちそうな不安定な続きを読む “落ちそうで落ちない「ゴールデンロック」ミャンマー”

ミャンマーの古都バゴー

ヤンゴンの北東約70kmに位置するバゴーは、バガンやマンダレーと並ぶミャンマーの古都である。 バゴーには、ミャンマーで最も高い仏塔や、多くの巨大な仏が建立され、ジャングルに埋もれたままになっていた寝仏などがある。 「シュ続きを読む “ミャンマーの古都バゴー”

長閑なマンダレーでのんびりミャンマー

マンダレーはヤンゴンに続く第2の都市。ミャンマー最後の王朝となったコンバウン朝の都だった。 街の北側に高さ230mほどの神聖な丘「マンダレーヒル」が広がり、そこにはたくさんの仏塔があり、いわば丘全体がひとつの寺院となって続きを読む “長閑なマンダレーでのんびりミャンマー”

マレーシアの古都マラッカ

マレーシア発祥の地ともされるマラッカはマレーシアの古都。15世紀にマラッカ王国が誕生し、その後ポルトガル、オランダ、イギリスと欧州列強国に支配されながら独特の文化が生まれた。 マラッカのランドマークといえば「オランダ広場続きを読む “マレーシアの古都マラッカ”

タイにおけるコオロギ産業

タイにおける食用昆虫(コオロギ)産業は、かなり進んできました。 これらは「粉末コオロギプロテイン」や「コオロギパスタ」などに商品化されていきます。 これはフタホシコオロギですが、チェンマイにはイエコオロギを大量養殖してい続きを読む “タイにおけるコオロギ産業”

カトマンズの風景ネパール

ネパールでは、山羊・牛・猿・犬・猫・アヒルなどの動物たちが、人々と共に生きている。何の違和感もなく普通に身近にいる。 生活の中に日傘は必需品のようである。 大通りのセンターライン上で横たわる牛たち デカい唐辛子を干す準備続きを読む “カトマンズの風景ネパール”

お昼の散歩とタイラーメン

バミーナームと、貧乏採集旅行してた学生時代を思い出してメコンのコーラ割り(笑) 当時シンハーは学生の僕には高くて飲めなかった。 バミーナームはチェンマイで食べるバミーナームの2杯分(@_@) しかもサラダとデザート付き 続きを読む “お昼の散歩とタイラーメン”