ロマンチックなタイのお菓子「カノムクロック」

カノムクロックは、小麦粉と上新粉にココナッツミルクと砂糖を混ぜた生地を、半球状に窪んだ専用の焼き器で接触面だけ焼いたものを2つ合わせて作るタイの伝統的な焼き菓子です。

焼き色のついた外側のサクッとした食感と、中のトロリとしたココナッツミルクの風味がマッチし、半球面に万能ネギやコーンが散らされるのが特徴です。食べると口の中でココナッツミルクの甘い香りが広がります。

~ 切ないカノムクロック物語 ~

昔ガティという男がいました。

ガティは灯籠流しの夜、土地の有力者である床屋のひとり娘ペーンと恋に落ちました。

ふたりは水牛の背に揺られながら輝く満月の下で誓いました。

「この先どんな障害が待ち受けていようとも、この真実の愛を貫き通そう」と

その後ガティはペーンと結婚するために一生懸命働きました。

苦労に苦労を重ねようやく結婚のためのお金を貯めたガティは、結婚の承諾を得ようと床屋の父の元を訪ね、娘ペーンとの結婚を乞いました。

しかし、ガティのことを快く思っていなかったペーンの父は、集めていた男たちと共にガティを痛めつけました。

身体はひどく傷つき、何日も起き上がれない状態が続いたガティ、それでもガティは諦めませんでした。

やがて父は町の若い有力者とペーンを結婚させることにした。

このことを知ったガティはペーンの元へ走ります。

しかし、父は一枚上手

ガティが来ることを想定していた父は、あらかじめ落とし穴を掘ってガティを待ち伏せ、罠に引っかかったらガティを埋めるよう仲間に指示していました。

この父親の悪巧みを知ってしまった娘ペーン

ガティに知らせるべく夜の森の中を歩きます。

ガティとペーン、偶然にもふたりは出会うことができました。

目が合い、あゆみ寄ろうとしたその瞬間、ペーンが落とし穴に落ちてしまいました。

すぐに駆け寄ったガティは、落とし穴の中で気を失っているペーンを助けるため穴の中に飛び込みました。

それを父の仲間たちはガティが罠にかかったと思い、ふたりをそのまま埋めてしまいました。

翌朝父が目にしたのは、ペーンを抱きかかえ、幸せの中で生き絶えたふたりの姿でした。

それを見た父は涙に暮れ、

「なにびとも、愛を妨げてはならない」

と思い、この思いを広く世に知らしめるためその場に碑を建てました。

それ以来、「ガティ(ココナッツミルク)」と「ペーン(粉)」で作られたお菓子が作られるようになりました。

そのお菓子の名は「カノム・コンラッカンขนมคนรักกัน」(愛し合うふたりのお菓子)

これがカノムクロックの由来です。

カノムクロックが焼きあがった2つを合わせるのは

「ふたりがいつまでも一緒にいられるように」

という願いが込められているのです。

「カノムクロック」、切なくも素敵なタイのお菓子です。

子供たちにも大人気のカノムクロックは、ココナッツミルクが主な材料。半球状に窪んだ専用の焼き器に生地を流し込む。タイ東北部スリンの夜市

焼けたら薄いアルミのレンゲですくい上げる

溶いた生地をやかんに入れ、窪みに流し込む。そして頃合いを見て万能ネギやコーンを散らす。タイ南部トゥンソンの夜市

焼き上がった半球状のカノムクロックは、「ふたりがいつまでも一緒にいられますように」と願いを込めて2つ合わせて球形にして売られている。タイ東北部ウボンラチャタニでのある日の朝食。買ったカノムクロックは市場内のコーヒースタンドで。カノムクロック 10バーツ(35円)、お茶付きコーヒー 15バーツ

Thai traditional sweets

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。