タイ東北部の朝食「カイガタ」鍋焼き玉子

タイ東北部の朝食と言えば、やっぱり目玉焼きが主役の「カイガタ」とパン

フランス植民地時代のベトナムで生まれ、ラオスを経由しタイ東北部に伝わったとされる

「カイ」は卵、「ガタ」は鍋を意味するように、専用の小さな平たい鍋で一人前ずつ調理し提供される

材料は卵の他、「クンチェン」と呼ばれるイサーン名物の甘いソーセージや「ムーヨー」(豚肉をバナナの葉に包んで蒸した豚肉蒲鉾)、豚肉、ネギなど

熱した平たい鍋にバターの塊を落とし、卵を2個入れる。ほんの少しだけフタをして玉子の下面を焼く。フタをとり、甘い細切りにしたソーセージや豚肉蒲鉾など3種類のトッピングをして出来上がり

玉子2個をそのまま目玉焼きにするタイプと卵黄をつぶすタイプがある

忙しいところをコックさんに尋ねたら、このカイガタ(鍋焼き玉子)はベトナムから伝わった料理、と言っていた

タイ東北部の朝食「カイガタ」鍋焼き玉子、ナコンパノム

宿の朝食バイキング、毎朝フランスパンとともに2皿食べていた。ナコンパノム

鍋に卵2個落とし、3種類のトッピングをする

3種類のトッピング、甘いソーセージが印象的

具材を玉子焼きにのせたところ

まず熱した鍋にバターの塊を落とすところから始まる

3つのレンジで同時進行、手際がいい

鍋ごと皿にのせて出来上がり

卵黄をつぶさないタイプが一般的

卵黄2個のうち1個をつぶすタイプ、ケチャップで食べる

タイ東北部ウボンラチャタニの朝食屋さん、ここでも「カイガタ」

甘いソーセージ「クンチェン」と「ムーヨー」(豚肉をバナナの葉に包んで蒸した豚肉蒲鉾)は共通している。ウボンラチャタニ

ウボンラチャタニでは「カイガタ」と名物「ムーヨーンサンド」焼きたてのパンにムーヨーン(豚肉を乾燥させて繊維状にしたもの)を挟んだパン。これを食べるとウボンに来たって感じがする

「カイガタ」と「ムーヨーンサンド」のセットを毎朝食べていた。ウボンラチャタニ

レタスが彩りを添える。セットで50バーツ(170円)ウボンラチャタニ

タイ東北部コンケンの朝食屋、みなさん「カイガタ」を食べて出勤していた。頭上にカイガタのセットメニューの広告

これがカイガタのセットメニュー。タイ東北部コンケン

タイ東北部チェンカーンで食べた「カイガタ」

チェンカーンでは「カイガタ」と「パトンコー」(揚げパン)。パトンコーは甘いコーヒーにつけて食べる

チェンマイのうちの近くでも「カイガタ」を食べることができた。39バーツ(130円)

ところが、タイ南部ナコーンシータマラートのホテルにも「カイガタ」があった!

タイ東北部の朝食は「カイガタ」、お粥を食べる人たちもいっぱいいる。

Pan fried egg, NE Thailand

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

タイ東北部の朝食「カイガタ」鍋焼き玉子」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。