タイ東北部料理トムセープ「イサーン激辛スープ」

トムセープエンゲーウ ต้มแซ่บเอ็นแก้ว 「イサーンすじ肉の激辛スープ」

香草の香りを漂わせながら、レモングラス、タイ生姜、赤タマネギ、プリッキーヌー、コブミカン葉、香草類、キノコ、トマトなどとすじ肉が、酸っぱく激辛に煮込まれて出てきた。

さらに冷めないようにテーブルの上でも鍋の下には固形燃料が燃えている。

加熱されたすじ肉が、半透明なコラーゲンそのものに思えた。

辛すぎて、あっという間にビアシンとカオニャオがなくなった(笑)

89バーツ(300円)

Solao, Siri Mangkalajarn Rd., Chiang Mai

2020年3月4日 この頃はマスクしてまだ普通にチェンマイで暮らしていた。驚くほど急に中国人観光客がいなくなり、大型観光バスの往来もなくなった。

この「トムセープ」食べてからもう7ヵ月も経ってしまった。いつになったらチェンマイに戻れるかな・・

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

タイ東北部料理トムセープ「イサーン激辛スープ」」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。