アオザイの多様性ベトナム

ベトナムといえばアオザイ、ということでホーチミンを旅していたとき妻についてアオザイを見に行った。

アオザイをまとった素敵な女性が、ひとつひとつ丁寧にアオザイを解説してくれた。彼女はアオヤイと言っていたが、ベトナム北部ではアオザイといい、南部ではアオヤイというそうだ。

アオザイの歴史は17世紀にはじまり、19世紀、20世紀とその姿を変えてきたという。

日本や韓国、フランス、アメリカ、アラブなどの国々をイメージしたアオザイもあった。驚いたことに、男性用のアオザイもあり、また子供用の小さなアオザイも。

最近はアオザイのデザイナーが何人もいるという。

アオザイについて丁寧に解説してくれたガイドさん

作業用のアオザイ、前で結ぶ

日本をイメージして作られたアオザイ

とてもカラフルなアオザイ

大学教授が着ていたアオザイ

胸元がオープンなアオザイ

蓮の花を大きくデザインしたアオザイ

詰襟のないアオザイ

豪華なアオザイ

襟がクロスしている

詰襟が高い

子供用のアオザイ

蝶がデザインされている

花と鳥がデザインされている

厚ぼったく刺繍されている

シンプルな刺繍が施されている

最近はアオザイのデザイナーが何人もいるという

黒地のアオザイもあった

男性用のアオザイ

カラフルなアオザイも多く、その多様性に驚かされた。ここにアップしたアオザイは一部である。夜はディナー付きのアオザイのファッションショーを見に行った。

Ao dai, traditional Vietnamese dress

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

アオザイの多様性ベトナム」に3件のコメントがあります

      1. ありますよ~。
        以前、ベトナムに行った時、ツアーの特典として、アオザイレンタル無料だったので、私と旦那で借りました~(*^^)v
        さすがに写真撮影しただけで、街歩きはしませんでしたが…(^-^;

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。