タイ東北部で食べられている昆虫類

Insect species eaten in Northeast Thailand, Yupa et al., 2013 からの引用である。

タイ東北部イサーン地方で食べられている昆虫類は、昆虫綱8目32科が記録されている。最も種類数が多いのは、コウチュウ目の6科86種+α。この+αというのは、属名の後の表記の spp. は種まで同定できなかった種類が複数あるという意味である。

細かく見るとコガネムシ科56種+αのうち、29種類が糞虫であるのには驚く。

この食用昆虫のまとめは、2013年に出版されたFAOの報告書の中にあるもので、その後、新たに判明した種類や属名・種名が変更になったものもあると思われるが、いづれにしてもこの記録がイサーン地域における食用昆虫研究の基礎資料となる。

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。