タイ東北部チェンコーンでタガメ味噌ナンプリックメンダ

チェンコーンはメコン川を挟んでラオスと国境を接する街で、チェンコーンから国際バスで友好橋を渡り、簡単にラオスのフエサイへ行ける。

そんな小さな国境の街チェンカーンの市場で、タガメ味噌「ナンプリックメンダ」を見た。

タガメ(タイ語でメンダー)のオスは、青リンゴのような爽やかな強い香りがするので、発酵味噌ナンプリックに入れ香りを付けたのがタガメ味噌「ナンプリックメンダ」だ。

タガメ味噌「ナンプリックメンダ」 タガメがのっていなかったらスルーしていた

メコン川は子供たちの遊び場

チェンコーンで泊まったゲストハウス 部屋の外にテラスがあり、目の前をメコン川が流れている。簡単な朝食付きで1泊350バーツ

昆虫食に接するひとり旅はとても楽しい。シャッターを押すだけの小型デジカメがいつも横にいる。僕が「タイが好き、タイ人が好き」というのはきっとタイ人に伝わっていると思う。(2016/8/11)

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。