ロッブリーの猿のお寺 Monkey Temple

申年男、猿の街ロッブリーを歩く 街中には猿、猿、そして猿閉まっているシャッターを揺らして音を出す猿商店街の軒を伝って移動する猿遺跡で群がる猿観光客の背中に飛び乗る猿 モンキーテンプル「プラ・プラーン・サム・ヨート」へ3基続きを読む “ロッブリーの猿のお寺 Monkey Temple”

タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡

「ナーラーイ・チェーン・ウェーン遺跡」(ヴィシュヌ神仏舎利遺跡) この遺跡は11世紀から12世紀の間に建てられたクメール遺跡で、仏舎利の表面にはクリシュナ神がシンハーの後ろ足をつかんで戦っている様子のレリーフが残っている続きを読む “タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡”

タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡

「クパンナー遺跡」 このクメール遺跡は11世紀頃にジャヤヴァルマン7世が建造したうちの施療院で、塔門、祠堂、経蔵、周壁で構成されている 「クパンナー遺跡」塔門が見事に残っている 十文字形をした塔門の内部 頭部が欠損した仏続きを読む “タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡”

タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡

サコンナコンの郊外にある「プラタート・ドゥム遺跡」 レンガを積み重ねて作られた祠堂。少し傾いていて亀裂が入り崩壊しかかっている 左の飾り柱が消失している。この遺跡は3基の祠堂から構成されていたと思われるが、残っているのは続きを読む “タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡”

タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡

トゥクトゥクの運転手に登り口まで案内してもらい、言われたように長い階段をどんどん登って行くと山の頂上に忽然とクメール遺跡が現れた(@_@) 「プラタート・プーペーク寺院」 なんで、どうしてこんなところにって感じ。クメール続きを読む “タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡”

シーサケートのクメール遺跡

タイ東北部イサーンにはクメール遺跡があちこちに点在している。 シーサケートの郊外にある「サカムペーンヤイ遺跡」と「サカムペーンノーイ遺跡」を歩いた。 12世紀頃に建立された神殿跡らしい。 サカムペーンヤイ遺跡 サカムペー続きを読む “シーサケートのクメール遺跡”

ロッブリーの遺跡群

タイ国鉄ロッブリー駅近くに広がるクメール建築ロッブリー様式の「ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート遺跡群」は、12世紀ごろに構築されたものと考えられている。 その後、時代とともに改修や増築が繰り返されたという。 一番続きを読む “ロッブリーの遺跡群”