チェンマイの洞窟寺ワット・ウモーン

ドイステープ山のふもとの緑豊かな森の中にあるワット・ウモーン寺は、12世紀末、ランナー王国初代王メンラーイにより、スリランカから招いた僧侶の瞑想修行の場として建立され、14世紀末に寺院の名の由来となったウモーン(トンネル続きを読む “チェンマイの洞窟寺ワット・ウモーン”