日タイの糞茶物語 サクラケムシの糞茶とナナフシの糞茶

今や日本の「糞茶」と言えば、サクラケムシの糞茶を思い浮かべる。『昆虫は美味い!』の著者である内山(2019)は次のように述べている。 サクラケムシそのものも美味しいが、香りが楽しめる虫糞茶も良い。捕まえたサクラケムシをし続きを読む “日タイの糞茶物語 サクラケムシの糞茶とナナフシの糞茶”

タイ北部のヤマアカアリ「メンマン」

ヤマアカアリはチェンマイの市場などで見かけるが、山の土中深くに巣をつくるためか非常に高価な食用昆虫である。成虫は1kg 1,500~2,000バーツで取引されているという。 学名:Carebara castanea Sm続きを読む “タイ北部のヤマアカアリ「メンマン」”

タイのコオロギ科 Gryllidae 【1】現在養殖されている食用コオロギ

Gryllidae known from Thailand Compiled by Toshio Senoh 【1】Farmed edible crickets at present in Thailand 1. Gry続きを読む “タイのコオロギ科 Gryllidae 【1】現在養殖されている食用コオロギ”

タイ北部ランプーンの市場で見た食用昆虫

チェンマイの南方約30kmにあるランプーンの市場を散策した時に見た食用昆虫 ミツバチの巣やイエコオロギ、フタホシコオロギ、カイコの蛹を売っていた。 幼虫が入ったミツバチの巣 アジアミツバチの巣と思われる イエコオロギ、一続きを読む “タイ北部ランプーンの市場で見た食用昆虫”

タイ北部ランパーンのタガメ売り

ランパーンの市場で出会ったタガメ売りの少女は、タガメの足を輪ゴムで束ねて売っていた。 なぜだろう… 逃げ出さないように足を束ねているのだろうか。元気なタガメは普通バケツに入れて売っている。 足を束ねることによって、お客が続きを読む “タイ北部ランパーンのタガメ売り”

タイ東北部チェンコーンでタガメ味噌ナンプリックメンダー

チェンコーンはメコン川を挟んでラオスと国境を接する街で、チェンコーンから国際バスで友好橋を渡り、簡単にラオスのフエサイへ行ける。 そんな小さな国境の街チェンコーンの市場で、タガメ味噌「ナンプリックメンダー」を見た。 タガ続きを読む “タイ東北部チェンコーンでタガメ味噌ナンプリックメンダー”

タイ東北部スリンの蜂蜜売り

スリンの朝市で「写真を撮らせてもらってもいいですか」って言ったら、立ち上がり直立不動になっちゃった。恐縮です。ありがとうございます。 酒ビンにたっぷり蜂蜜が入っていた。大きなミツバチの巣も売り物という。 蜂蜜を売り歩くス続きを読む “タイ東北部スリンの蜂蜜売り”

タイ東北部ナコンパノムの虫屋台

メコン川沿いの地方都市ナコンパノムの虫屋台へ 売られている昆虫の種類に興味があるが、それと同時に売っている人もいろいろでおもしろい。やたら素揚げのイエコオロギを勧める女性もいれば、一方赤アリ売りの女性ははにかみ屋さんだっ続きを読む “タイ東北部ナコンパノムの虫屋台”

タイ東北部サコンナコンの市場の昆虫売り

サコンナコンで最も大きな市場「タラート・バイパス」(タラート・カップゲェー) サコンナコンの街の中心部から3kmほどのところにあり、名前のとおりバイパスの交差点近くに広がっていた。 活気が出るのは夕方から夜にかけてで、夜続きを読む “タイ東北部サコンナコンの市場の昆虫売り”

タイ東北部ムクダハンで見た食用カメムシとネズミ

メコン川沿いの街ムクダハンの市場で、食用にするカメムシを見た。カメムシと香辛料を一緒につぶして調味料にするという。 また、乾燥させたものを串焼きにしたり、炒めものとして食べるようだ。一皿50バーツ チェンマイの市場ではカ続きを読む “タイ東北部ムクダハンで見た食用カメムシとネズミ”