ラオスの古都「ルアンパバーン」

ルアンパバーンはラオスの北部にある古都で、かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた街である。ラオスを象徴するその街並みは、歴史的・文化的な観点から評価され、街全体が世界遺産に指定されている。 早続きを読む “ラオスの古都「ルアンパバーン」”