チェンマイで食べる「蓮の葉包みごはん」カオホーバイブア

住んでるコンドミニアムの近くに、ガソリンスタンドに併設されたコンビニ&カフェがあり、そこで「蓮の葉包みごはん」タイ語でカオホーバイブアが食べられる。カオ=ご飯、ホー=包む、バイブア=蓮の葉、という意味。 蓮の葉に、タイの続きを読む “チェンマイで食べる「蓮の葉包みごはん」カオホーバイブア”

東京で「カメのトムヤムスープ」と「ワニのグリーンカレー」を食す

私たちが普段口にしないタイ料理食材に爬虫類があるが、カメとワニを使ったタイ料理を東京で食べる機会があった。 ひとつは東京昭島のタイ料理店「メコン」でカメのトムヤムスープで、もう一つは東京自由が丘のタイ料理店「クルア・ナム続きを読む “東京で「カメのトムヤムスープ」と「ワニのグリーンカレー」を食す”

パイナップル炒飯の縦切りと横切り

タイを旅すると一度は口にしたことのある「カオパットサパロット」パイナップル炒飯 何ともフルーティーな炒飯である。 そのパイナップルの切り方に縦に切る切り方と、横に切る切り方がある。この違いはおそらく大きめのパイナップルを続きを読む “パイナップル炒飯の縦切りと横切り”

タイ北部料理に欠かせない「ナムプリック」

ナムプリックとは、唐辛子やニンニク、赤タマネギ、ナス、ライムなどをすり鉢ですり潰してペースト状にしたもので、カピ(海老や小魚を潰して発酵させたもの)やナンプラーを入れることもある。 カオニャオやご飯にかけたり、ディップと続きを読む “タイ北部料理に欠かせない「ナムプリック」”

タイ東北部のカオニャオ売りのこだわり

タイ東北部シーサケートの朝市を散歩していたら、カオニャオを大きな葉の上で売っていた。 少し話を聞いたら、「カオニャオは、ビニール袋に入れたら風味は半減するので、私は植物の葉に包みます」という。 朝ご飯はまだだったので、カ続きを読む “タイ東北部のカオニャオ売りのこだわり”

タイの伝統料理「ミエンカム」を食す

タイの伝統的な料理「ミエンカム」を新大久保駅近くのタイ料理店で食べることができた。葉野菜に具材を包んで食べる料理である。具材は細かくした、ピーナッツ、乾燥エビ、ニンニク、ショウガ、赤タマネギ、唐辛子、ライムなどで、とても続きを読む “タイの伝統料理「ミエンカム」を食す”

イサーン料理「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げ

イサーンは保存食の知恵がたくさんある地域で、強い日差しを活用し、天日干しして作る「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げもその一つである。 ムーは「豚肉」、デートは「日差し」、ディアウは「一つ」という意味で、直訳すれば、続きを読む “イサーン料理「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げ”

タイ東北部スリンの屋台でトートマンプラー

誰もが食べたことのあるタイ風さつま揚げトートマンプラー タイ東北部スリンの屋台で食べたトートマンプラーはとても美味しかった! 中に唐辛子などの香辛料が入ってスパイシー、カラッと揚げたガパオと一緒に食べる。 地元の人たちは続きを読む “タイ東北部スリンの屋台でトートマンプラー”

タイ東北部チェンコーンでタガメ味噌ナンプリックメンダー

チェンコーンはメコン川を挟んでラオスと国境を接する街で、チェンコーンから国際バスで友好橋を渡り、簡単にラオスのフエサイへ行ける。 そんな小さな国境の街チェンコーンの市場で、タガメ味噌「ナンプリックメンダー」を見た。 タガ続きを読む “タイ東北部チェンコーンでタガメ味噌ナンプリックメンダー”

タイ東北部ムクダハンで見た食用カメムシとネズミ

メコン川沿いの街ムクダハンの市場で、食用にするカメムシを見た。カメムシと香辛料を一緒につぶして調味料にするという。 また、乾燥させたものを串焼きにしたり、炒めものとして食べるようだ。一皿50バーツ チェンマイの市場ではカ続きを読む “タイ東北部ムクダハンで見た食用カメムシとネズミ”

チェンマイのアリ・ミツバチ入り卵焼き「カイパーム」

チェンマイの日曜夜市を歩くと郷土料理カイパーム(チェンマイ風卵焼き)を見かける。 溶き卵に調味料と薬味を入れ、そして虫を落とし炭火で焼く。バナナの葉で器を作っているので、香りがとてもよい。 溶き卵に虫を入れて卵焼きを作る続きを読む “チェンマイのアリ・ミツバチ入り卵焼き「カイパーム」”

素揚げの昆虫には塩がいい

ある日の昆虫食、チェンマイ大学昆虫学研究室から歩いて15分程のところの路地裏にある北タイ料理専門店「ハーントゥンチェンマイ」Han Teung Chiang Mai タイ北部料理レストランや食堂で素揚げの昆虫を食べるとき続きを読む “素揚げの昆虫には塩がいい”

チェンマイで食べる「キノコ料理」

チェンマイにはキノコを食材にした郷土料理がいろいろあります。見た目派手な料理にはなりませんが、脇役としての料理・素材としてなんかホッとします。 ホコリタケと薬草の豚挽き肉炒め 注文のとき「少し辛めですよ」と言われたけど全続きを読む “チェンマイで食べる「キノコ料理」”

チェンマイの郷土料理「豚の血飯」カオガンジン

タイ北部の郷土料理のひとつ「豚の血飯」タイ語でカオガンジン 豚の血を混ぜ込んだご飯をバナナの葉に包み蒸した料理。タイの人たちは豚の血も無駄なく食用に利用し、血を固めて食材にしたり、スープに入れたりしている。 タイ北部料理続きを読む “チェンマイの郷土料理「豚の血飯」カオガンジン”

チェンマイ料理「ラープ・ランナー」作りのポイント

チェンマイでいつもお世話になっているぶっかけ飯屋の女性に、食べてとても美味しかった「ラープ・ランナー」について教わった。 ラープ・ランナー作りのポイントは、赤い汁「ナーム・ランナー」にあるという。 女性の説明:下ごしらえ続きを読む “チェンマイ料理「ラープ・ランナー」作りのポイント”

タイ東北部チェンカーンの虫の串焼き

タイ東北部のメコン川沿いにある小さな街チェンカーンの夜市で「虫の串焼き」を食べた。 種類的にはカイコの蛹とコオロギの2種類だったが、なんと1本の串に30匹以上刺さっている。圧巻である。食べたい串をおばちゃんに渡すと炙り直続きを読む “タイ東北部チェンカーンの虫の串焼き”

タイ南部のネジレフサ豆料理

タイ南部名産のネジレフサ豆はタイ語でサトーというが、南部ではこのデカいサトー豆を炒めた料理がある。独特の強烈なニオイと苦みがあるので最初は閉口するが、何度となく食べているとクセになる。僕はこれを食べると、タイ南部に来たっ続きを読む “タイ南部のネジレフサ豆料理”

タイ旧正月に食べるお節「カオチェー」

タイの旧正月に食べるタイ風お節料理「カオチェー」は、ぱさぱさの冷めたご飯にジャスミンの香りのする冷たい水をかけ、盛り合わせの食材をのせて食べる。 最初の一杯目はどうしたらよいか分からなかったので、コックさんによそうっても続きを読む “タイ旧正月に食べるお節「カオチェー」”

東京で食べた「カエルのガパオ」と「豆腐のガパオ」

東京久米川の老舗タイ料理店サワディーで「カエルのガパオ」と「豆腐のガパオ」を食べた。作ってくれたのは、腕のいい女性のタイ人シェフ。 カエルのガパオは、鶏肉のような食感で、思っていたより辛かった。ガパオ葉やコブミカンの葉、続きを読む “東京で食べた「カエルのガパオ」と「豆腐のガパオ」”

南タイのガパオご飯は違う

タイ南部ナコーンシータマラートでガパオを食べたけど、タイ北部のガパオとはまったく別ものだった。 チェンマイの食堂でガパオを注文すると豚肉であるが、南部ではカニ足や貝や魚肉つみれ、鶏肉をガパオと一緒に炒める。目玉焼きをのせ続きを読む “南タイのガパオご飯は違う”