タイ東北部の市場で見た「ココナッツミルク精製機」と「ニンニク潰し機」

タイの地方を旅すると必ず市場を散策することにしている。そこにはその地域に根付いた食べ物や調理器具があったりしてとても興味深い。 今回はタイ東北部の市場を散策していて出会った興味深い「ココナッツミルク精製機」と「ニンニク潰続きを読む “タイ東北部の市場で見た「ココナッツミルク精製機」と「ニンニク潰し機」”

パイナップル炒飯の縦切りと横切り

タイを旅すると一度は口にしたことのある「カオパットサパロット」パイナップル炒飯 何ともフルーティーな炒飯である。 そのパイナップルの切り方に縦に切る切り方と、横に切る切り方がある。この違いはおそらく大きめのパイナップルを続きを読む “パイナップル炒飯の縦切りと横切り”

「線香花火」と「打ち上げ花火」空心菜炒め作り

同じ空心菜炒めを作るのになんでこんなにも違うの(笑) タイ南部ナコーンシータマラートで見た火花を散らしながらの空芯菜炒め作り タイ北部ピッサヌロークで見た空心菜炒め作りはまさに打ち上げ花火 しかもできた空心菜炒めをコンパ続きを読む “「線香花火」と「打ち上げ花火」空心菜炒め作り”

タイ北部料理に欠かせない「ナムプリック」

ナムプリックとは、唐辛子やニンニク、赤タマネギ、ナス、ライムなどをすり鉢ですり潰してペースト状にしたもので、カピ(海老や小魚を潰して発酵させたもの)やナンプラーを入れることもある。 カオニャオやご飯にかけたり、ディップと続きを読む “タイ北部料理に欠かせない「ナムプリック」”

タイ東北部のカオニャオ売りのこだわり

タイ東北部シーサケートの朝市を散歩していたら、カオニャオを大きな葉の上で売っていた。 少し話を聞いたら、「カオニャオは、ビニール袋に入れたら風味は半減するので、私は植物の葉に包みます」という。 朝ご飯はまだだったので、カ続きを読む “タイ東北部のカオニャオ売りのこだわり”

タイの伝統料理「ミエンカム」を食す

タイの伝統的な料理「ミエンカム」を新大久保駅近くのタイ料理店で食べることができた。葉野菜に具材を包んで食べる料理である。具材は細かくした、ピーナッツ、乾燥エビ、ニンニク、ショウガ、赤タマネギ、唐辛子、ライムなどで、とても続きを読む “タイの伝統料理「ミエンカム」を食す”

イサーン料理「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げ

イサーンは保存食の知恵がたくさんある地域で、強い日差しを活用し、天日干しして作る「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げもその一つである。 ムーは「豚肉」、デートは「日差し」、ディアウは「一つ」という意味で、直訳すれば、続きを読む “イサーン料理「ムーデートディアウ」細切り干し豚肉揚げ”

タイ東北部スリンの屋台でトートマンプラー

誰もが食べたことのあるタイ風さつま揚げトートマンプラー タイ東北部スリンの屋台で食べたトートマンプラーはとても美味しかった! 中に唐辛子などの香辛料が入ってスパイシー、カラッと揚げたガパオと一緒に食べる。 地元の人たちは続きを読む “タイ東北部スリンの屋台でトートマンプラー”

チェンマイで食べる「キノコ料理」

チェンマイにはキノコを食材にした郷土料理がいろいろあります。見た目派手な料理にはなりませんが、脇役としての料理・素材としてなんかホッとします。 ホコリタケと薬草の豚挽き肉炒め 注文のとき「少し辛めですよ」と言われたけど全続きを読む “チェンマイで食べる「キノコ料理」”

チェンマイの郷土料理「豚の血飯」カオガンジン

タイ北部の郷土料理のひとつ「豚の血飯」タイ語でカオガンジン 豚の血を混ぜ込んだご飯をバナナの葉に包み蒸した料理。タイの人たちは豚の血も無駄なく食用に利用し、血を固めて食材にしたり、スープに入れたりしている。 タイ北部料理続きを読む “チェンマイの郷土料理「豚の血飯」カオガンジン”

チェンマイ料理「ラープ・ランナー」作りのポイント

チェンマイでいつもお世話になっているぶっかけ飯屋の女性に、食べてとても美味しかった「ラープ・ランナー」について教わった。 ラープ・ランナー作りのポイントは、赤い汁「ナーム・ランナー」にあるという。 女性の説明:下ごしらえ続きを読む “チェンマイ料理「ラープ・ランナー」作りのポイント”

タイ南部のネジレフサ豆料理

タイ南部名産のネジレフサ豆はタイ語でサトーというが、南部ではこのデカいサトー豆を炒めた料理がある。独特の強烈なニオイと苦みがあるので最初は閉口するが、何度となく食べているとクセになる。僕はこれを食べると、タイ南部に来たっ続きを読む “タイ南部のネジレフサ豆料理”

タイ旧正月に食べるお節「カオチェー」

タイの旧正月に食べるタイ風お節料理「カオチェー」は、ぱさぱさの冷めたご飯にジャスミンの香りのする冷たい水をかけ、盛り合わせの食材をのせて食べる。 最初の一杯目はどうしたらよいか分からなかったので、コックさんによそうっても続きを読む “タイ旧正月に食べるお節「カオチェー」”

南タイのガパオご飯は違う

タイ南部ナコーンシータマラートでガパオを食べたけど、タイ北部のガパオとはまったく別ものだった。 チェンマイの食堂でガパオを注文すると豚肉であるが、南部ではカニ足や貝や魚肉つみれ、鶏肉をガパオと一緒に炒める。目玉焼きをのせ続きを読む “南タイのガパオご飯は違う”

タイ南部で「カオクルックガピ」を食す

タイ南部ナコーンシータマラートの旅、カオヤムに続き翌朝は「カオクルックガピ」を勧められた。タイ語でカオ=ご飯、クルック=混ぜる、ガピ=海老味噌で、「海老味噌風味の混ぜご飯」と言ったところか。 素材は、甘く炒められた豚肉、続きを読む “タイ南部で「カオクルックガピ」を食す”

南タイで食べた「クンパノーイ」

タイ南部も食べ物の種類が多い。ナコーンシータマラートの郊外でお昼に食べた「クンパノーイ」 サトウキビの串に巻いたエビのすり身を炙った料理。小鉢の甘辛い酢の物をかけて食べる、と教えてくれた。とても美味しかった。80バーツ(続きを読む “南タイで食べた「クンパノーイ」”

タイ南部で「カオヤム」を食す

タイ南部のナコーンシータマラートを旅しているとき、レストランで「南タイらしい朝食を食べたい」とスタッフに告げたら、「カオヤム」を勧められた。 ほどなくして「カオヤム」が運ばれてきた。食べ方が分からない、と言ったらやりなが続きを読む “タイ南部で「カオヤム」を食す”

忘れられないルーイで食べた「ラープイサーン」

タイ東北部イサーンを旅行中、ルーイのバスターミナル横の食堂で食べたハーブたっぷりの「ラープイサーン」が忘れられない。 うす緑の小さな丸ナスをかじりながら食べた辛いラープイサーン。新鮮なハーブの風味が口の中いっぱいに広がる続きを読む “忘れられないルーイで食べた「ラープイサーン」”

カエルの国ヤソートーンでカエル料理を食す

カエルの国ヤソートーンの食堂で「カエル料理」を食べた。タイ東北部イサーンの市場や夜市で、竹串に挟んで焼いたカエルはよく見るけど、食堂に入り、カエル料理として注文して食べたのは初めてだった。 カエルのガパオ炒め カエルを骨続きを読む “カエルの国ヤソートーンでカエル料理を食す”

チェンマイの郷土料理「ネーム」

タイ北部の郷土料理、ほどよい酸味のある発酵ソーセージ「ネーム」 作り方は豚挽き肉に、ニンニク、塩、唐辛子、薄切りにした豚の皮などをバナナの葉に包み、常温で発酵させる。 僕は屋台で蒸してくれたネームが大好きで、酒のつまみに続きを読む “チェンマイの郷土料理「ネーム」”