ラオス・タイ国境で活躍する「麻薬探知犬」

ラオス南部のパクセーから国際バスに乗り、タイ東北部ウボンラチャタニに戻るときのことである。ラオスを出国し、タイの入国手続きが完了してまた同じバスに乗り込もうとしたとき、麻薬探知犬がバスの中をチェックしていた。空港でターン続きを読む “ラオス・タイ国境で活躍する「麻薬探知犬」”

ラオスとタイのメコン川交易タイ東北部タートパノム

タイ東北部タートパノムの早朝、ラオスの舟が物資を積んで国境のメコン川を渡り、次々とタイ側に到着する。 ラオスからの物資を下ろしたら、今度はタイの物資を舟に積み込む。 舟はすべてラオス船籍で、乗組員もすべてラオス人 「舟に続きを読む “ラオスとタイのメコン川交易タイ東北部タートパノム”

両親に祝福されて卒業します

チェンマイ大学の卒業式です。ここには日本とは大きく異なった文化がありました。卒業生は角帽をかぶりガウンを羽織ります。ガウンの襟は学部によって色が違いますが、黄色は農学部です。さらにすごいのは、お札をつなげたものを身にまと続きを読む “両親に祝福されて卒業します”

タイのCAさんは面白い

タイの航空会社のキャビン・アテンダントは、お国柄か自由で、ユニークで、フレンドリーで、とても面白く楽しませてくれる。日本の航空会社のCAさんとはちょっと違うかな… 確かにXmasシーズンだったが、頭にトナカイの角をつけて続きを読む “タイのCAさんは面白い”

銅鑼は何のためにある?

むかし時計が普及していなかった頃、お寺で銅鑼を叩き周りに時を告げていた。その名残が、タイ語で午前1時をティー・ヌン(叩く・1)、午前2時をティー・ソーン(叩く・2)というふうに今に残っている。 一方、私たちが神社の社殿で続きを読む “銅鑼は何のためにある?”

タイで見る創作ロボット

小さい頃テレビで、鉄人28号やエイトマンやスーパージェッターなどロボット漫画をよく見ていたが、タイ人も創作ロボットが好きみたい。 チェンマイの雑貨屋の入り口に、集客のためか廃材を利用して作ったロボットがいる。それにしても続きを読む “タイで見る創作ロボット”

チェンマイの竹製昆虫クラフト

タイ北部チェンマイには、昆虫をモチーフにした竹クラフトを制作している人々がいます 中でもカマキリの竹クラフトは逸品です 竹製なので触角や足も壊れることはない カマキリの竹クラフト トンボ・蝶・ツユムシの竹クラフト Bam続きを読む “チェンマイの竹製昆虫クラフト”

チェンマイの「蝶Bar」と「蝶Café」

タイ北部は蝶をはじめとする昆虫の宝庫である。僕も1980年から機会あるごとにチェンマイで昆虫を追っかけてきた。そして今はチェンマイにコンドミニアムを借りて悠々自適に暮らしているが、そのチェンマイライフがコロナで途切れてい続きを読む “チェンマイの「蝶Bar」と「蝶Café」”

第二次世界大戦中タイ南部に侵入した日本軍の足跡

(1)ナコーンシータマラートにある慰霊碑 第二次世界大戦中、日本軍は大東亜共栄圏構想によりナコーンシータマラートにも上陸した。部隊の目的はイギリス植民地のマレー進攻であったが、ナコーンシータマラートにおいてもタイ国軍との続きを読む “第二次世界大戦中タイ南部に侵入した日本軍の足跡”