タイの万能調味料「ナンプラープリック」いろいろ

タイの食堂やぶっかけ飯屋のテーブルに必ずと言っていいほど置いてあるのがタイの調味料「ナンプラープリック」である。生の赤唐辛子や青唐辛子を細かく輪切りにしナンプラーに漬けたタイ独特の万能調味料で、タイの食事には欠かせない、日本で言えば醤油のようなものである。プリックナンプラーともいう。

チェンマイで暮らしていてナンプラープリックは、店によって少しずつ違っていることに最近気づいた。見た目には、生の赤唐辛子の輪切りとナンプラー、生の青唐辛子とナンプラー、生の赤・青唐辛子とナンプラー、それらにマナオ(ライム)を入れたのもや、紫タマネギを入れたもの、ニンニク片をたくさん入れたものまである。

店の主人に話を聞いてみると、砂糖もごく少量入っているという。

普段料理を注文するときカイダーオ(目玉焼き)も付けてもらっているが、そのぶよぶよカイダーオにナンプラープリックをかけて食べている。

ぶっかけ飯屋の前にも「ナンプラープリック」が置いてあり、横にはそれを取る小皿も用意されている

唐辛子は輪切りというイメージがあったが、ここは長めに切っている。ニンニク片や唐辛子の種も見える。ここの主人に砂糖もごく少量入っていることを教わった

この店のナンプラープリックはシンプル

マナオとニンニクのスライスが見える

マナオをしぼり、マナオの皮もそのまま入れている

この店のナンプラープリックはニンニクが主張している

細切れのニンニクが入っている

食堂などで普通に見かけるナンプラープリックもよく見るとバリエーションがあるの気づいた。

卓上に置いてある、砂糖ナムターン、魚醤ナンプラー、粉唐辛子プリックポン、お酢ナムソムの調味料4点セットのクルワンプルーンとは別に「ナンプラープリック」が存在している。

タイ料理の最終的な味付けは、好みに合わせて自分でやるのである。

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

タイの万能調味料「ナンプラープリック」いろいろ」に4件のコメントがあります

  1. この彩りの魅力に騙されて?笑、おいしそうだとかけると大変なことにw
    店ごとに工夫があって面白い調味料ですよね。
    マナオの香りが漂ってきます!!

    いいね: 1人

    1. どうしてタイ人は辛くして食べるんでしょうね… 気候が暑いから食欲を出すために?
      一方じゃタイ茶など飲み物はめちゃくちゃ甘くして飲みますよね…

      いいね

  2. いろんな種類があるんですね~~!
    どれもマシマシで食べたい!!

    激辛を食べるから、甘い物が欲しくなるんじゃないでしょうか?
    私も辛いタイ料理を食べた後、アイスを食べてます(笑)

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。