チェンマイのクイッティアオ屋さん

クイッティアオ ก๋วยเตี๋ยว は、米から作られた麺で、太さはセンミー(細麺)、センレック(中麺)、センヤイ(太麺)の3種類がある。他にウンセン(緑豆麺)もある。

注文するときは、麺の太さ、スープの種類、トッピングを告げるが、麺は細麺でトッピングはムーデーンで決まり、スープはどれにするか聞かれるがよく分からないので「タマダー普通」と答えている(笑) 辛さも聞かれるので「タイ人の普通の辛さ」でと告げる。

他の人の注文を聞いてるとトムヤムという声が聞こえてきた。イサーンを旅しているとき、トゥクトゥクの運転手とクイッティアオの店に入り、いろいろ教えてもらったことがあるが、豚や牛の血を入れた「ナムトック」これだけは避けたいので覚えている。

聞き返されないのでおそらくスープは「タマダー普通」で通じているのかも

お店で一番高い65バーツのクイッティアオを注文したら、こんなのが出てきた

クイッティアオ・ムーデーン(焼き豚)45バーツを、ムーデーン好きだから多くして65バーツに…と言ったら、こうなった

これが普通のクイッティアオ・ムーデーン 45バーツ

テーブルはむかし日本で使っていたシンガーのミシンを再利用している

これがお店の基本メニューで、大盛りは+10バーツ

こんなのがお店に飾られている

テイクアウトや宅配もやっているが、やっぱり出来たてを店内で食べたいなぁ

コロナの影響と思われるが、道路沿いにあったクイッティアオ屋台がかなり少なくなっている。屋台は指さしで注文できるので気が楽なんだけど… でも店を構えてるクイッティアオ屋は素材がよい。

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

チェンマイのクイッティアオ屋さん」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。