野原に忽然と現れる駅舎のないタイ国鉄の駅

大地の風を浴びながらのローカル列車の旅は、旅情をかき立てる

タイ東北部ウボンラチャタニからスリンへ向かっている時の途中駅。プラットホームどころか駅舎もない。駅から離れた原野の中に、家や村が点在するのだろうか…

列車内で車掌さんから買う切符を見てみたい。無賃で乗り降りしてもとがめられることはないようだ

ホームも駅舎もないが、雨よけ日よけの待合場がある。タイの列車は単線を走るので1時間や2時間いつも遅れる

ウボンラチャタニ駅で買ったスリンまでの切符。3時間以上乗って31バーツ(100円)

車両間の連結器、幌で覆われていない。楽しい

車窓から飛び込んでくる自然の風があるので扇風機はいらない

Ubon Ratchathani ~ Surin, State Railway of Thailand, NE Thailand

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

野原に忽然と現れる駅舎のないタイ国鉄の駅」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。