ランサーン様式のワット・プラタートチャムパ寺院

タイ東北部ナコンパノム県ポンサワンにあるランサーン(ラオス)様式の「ワット・プラタートチャムパ寺院」

仏塔には、ストーリーがありそうな仏教美術が施されていた。

メコン川を渡ればラオス。ラオスは、かつて「100万頭の象」という意味を持つ「ランサーン王国」と呼ばれていた。それは力強い王国であった。

ランサーン様式の仏塔を見ているとラオスの香りがしてきた。

ランサーン(ラオス)様式のワット・プラタートチャムパ寺院

四面には2体セットの守護神のヤック(鬼神)が仏塔を護っている

仏塔には、象に乗り戦をするランサーン人と思われる絵柄が施されていた

こちらにも象に乗り戦をするランサーン人、その下は馬に乗ったビルマ軍と思われる

それぞれの柱には守護神の顔が並んでいる

寺院とは一般的には「仏像を安置したり,僧侶の住む建物があるところ」という意味であるが、この建物は上階に太鼓があり、何かを告げるための僧房の一部と思われる

ナコンパノムで宿泊したリバーホテルのスタッフに車で案内してもらった。

Wat Phra That Champa, Phon Sawan, Nakhon Phanom, NE Thailand

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。