タイ東北部コンケンにある九重塔を持つ「ワット・ノンウェーン寺院」

コンケン市南部にそびえ立つ「ワット・ノンウェーン寺院」は、黄金色の九重塔を持つ格式の高い寺院である。各階には展望できる回廊があり、9階からはコンケン市を気持ちよく一望できる。

境内は緑豊かで野生のリスも生息しており、さらに恐竜の化石が発掘されたことから恐竜のオブジェもある。

九重塔を持つ「ワット・ノンウェーン寺院」

ワット・ノンウェーン寺院の九重塔の入口

九重塔内部は、いかにも格式が高い感じが漂う

仏像の両脇に白いシカがいるし、象牙もある

境内には蓮のつぼみをくわえた恐竜のオブジェ

日本には古い三重塔や五重塔はあるが、九重塔は今や現存しない。 タイ東北部コンケンにあるワット・ノンウェーン寺院 の九重塔は圧巻である。

Wat Nong Waeng, Khon Kaen, NE Thailand

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

タイ東北部コンケンにある九重塔を持つ「ワット・ノンウェーン寺院」」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。