ホーチミンの風景ベトナム

ホーチミン市は、ベトナム戦争が終結し、解放される1975年までは「サイゴン」と呼ばれていたベトナム最大の商業都市である。

ベトナム共産党政府が、その指導者であるホーチミンにちなみ、南ベトナムの首都サイゴン陥落後、市名をサイゴン市からホーチミン市に改名した。

ホーチミンは古くからベトナムの経済の中心地として栄え、「東洋のパリ」と呼ばれたフランス統治時代の影響が色濃く残る街並みと、経済成長で建てられた高層ビル群、交通を妨げるバイクの渋滞、同居するスラム街などが混在する東南アジアらしい街である。

熱気いっぱい、雑貨や食品、衣類、アクセサリーとあらゆるものがそろう「ベンタン市場」しかし現在は新型コロナの影響でかなりの店舗が休業または廃業し、閑散としているらしい

「ベンタン市場」を訪れたのは2017年6月

市場内に食堂もある

「ベンタン市場」内の風景

ナマコも売っていた

「ベンタン市場」はベトナム最大級の市場で、何でも売っている

コンビニの前に小さな店を出す女性

ヤシの実ジュース、売り方がタイとは違う

「ドンコイ通り」昔の怪しげな面影が無くなっていた

「サイゴン・スカイデッキ」からの眺望

ホテルの部屋から「市民劇場」が見えた

ホテルの部屋からの眺め「サイゴン・スカイデッキ」が見える

宿泊した「コンチネンタル・サイゴン」

ホテルの部屋から見る「ドンコイ通り」

ホテルの部屋からの夜景

夜になると大通りが歩行者天国になり若者が集う

東南アジアでよく見かける風景

ある日のランチ「蓮の茎とエビのサラダ」とても美味しかった

「冬瓜のスープ」もベトナム風

何もかも美味しい(^ム^)

揚げ春巻き「チャーゾー」は毎日食べても飽きない

定番のデザート

むかし研究室の先輩とベトナム南部の昆虫の調査をする計画をしていたところ、その目的の採集地で日本人が悪行をしでかし、出発直前になって調査が出来なくなったことがある。飛行機のキャンセルが効かなく採集道具を置いて男二人でベトナムを旅行したが、その頃のホーチミンとは見違えるほど変わっていた。

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

ホーチミンの風景ベトナム」に3件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。