ルアンパバーンには蝶豆花が似合う

お昼過ぎにラオス北部の山あいの街ルアンパバーンに到着。宿のフロントで手続きをしていると、冷たくて甘い「バタフライピー・ジュース」(蝶豆花アンチャン)のサービスを受けた。これが始まりだった。

「蝶豆花の天ぷら」スタッフにお願いして塩と醤油で食べた

「カオニヤオパッ・ムー」豚肉のもち米炒飯。蝶豆花も食べた

「カオソーイ」辛味噌をのせた担々麺風のきしめんで、チェンマイの「カオソーイ」とは全くの別もの。 見た目以上に辛くてとても美味しかった。「ネーム」焼きおにぎりを平たく固めたもので、カオソーイと一緒にバリバリ食べた

「カオニヤオアンチャン・マムアン」もち米にも蝶豆花が…

甘いアンチャン・ジュース

「デザート」バナナの葉に包まれているのは青いアンチャン・カオニヤオ

スパゲティにも蝶豆花が添えられている

甘いアンチャン・ジュース(バタフライピー・ジュース)

バタフライピー蝶豆花がいっぱい咲いていた

ルアンパバーンではバタフライピー蝶豆が普通に自生しているので、朝早いうちに花を収穫し、飲み物を作ったり、飾りとしてだけではなく食用として料理に添えたりしている。バタフライピーの花は食べると健康に良いことが知られている。

Luang Prabang, Laos

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

ルアンパバーンには蝶豆花が似合う」に3件のコメントがあります

  1. ホントに綺麗な花ですね(^^)/
    天ぷら、食べてみたい!!
    アンチャンジュースは何かのカクテルと言われたら信じてしまいそう!!
    でも、やっぱりもち米が青いのだけは、食べるのに勇気がいりそうです…(^-^;

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。