無印の「ゲーンパー」森のカレーを食す

きょうは無印の「ゲーンパー」森のカレーを買って食べてみた。

ゲーンパーは、タイカレーの原型とされるタイ東北部の汁料理。山の幸がふんだんに使われるため「森のカレー」と呼ばれている。タイ東北部は、もともとはココヤシがとれない地域だったため、グリーンやレッド、イエローといった一般的なタイカレーとは異なり、ココナッツミルクが使われないのでとてつもなく辛い。唐辛子の激辛味の中にもハーブのすっきりした風味がある。

無印の「ゲーンパー」は、鶏肉、たけのこ、きくらげ、ぶなしめじ、ヤングコーン、さやいんげんが具材で、スパイス・ハーブは、グラチャイ、こぶみかん葉、スイートバジル、レモングラスが使われている。

僕の中で激辛タイ料理といえば、タイ南部のレッドカレーとタイ東北部のゲーンパーであるが、きょう食べた無印のゲーンパーは激辛ではなく、ちょっと拍子抜けした(笑) 180 g 350円也

無印の「ゲーンパー」森のカレー

「ゲーンパー」のレトルトがあるとは知らなかった

タイ東北部の「ゲーンパー」を自宅で食べるとは夢にも思っていなかった。レトルトを5分ほど湯煎し、昨晩妻が作ってくれた炊き込みご飯の残りと一緒に食べた。

最初激辛の度合いが分からなかったので身構えた。色もとても辛そうである。しかしスプーンでひと口食べたら、意外にも激辛ではなく、額に汗がうっすらと滲む程度で最後まで食べることができた。

タイ東北部イサーンで初めて「ゲーンパー」を食べたとき、どんぶりでたっぷりと出てきたが、激辛すぎて半分食べるのがやっとだった。それがトラウマになっている。

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。