本場タイで食す「ガパオライス」14皿

ガパオライスは日本語で「バジル(ホーリーバジル)炒めご飯」で、タイではごく一般的な馴染みの深い料理なので、どこの食堂にもあるタイの国民食である。 

ガパオのスパゲティを注文する時だけ「スパゲティ・ガパオ」とお願いするが、ご飯と一緒のときは「ガパオ」ただそれだけで分かってもらえる。ときどき「鶏肉にするか、豚肉にするか」と聞き返されることもあるが、チェンマイで生活しているとほとんどが豚挽き肉のガパオ炒めが出てくる。鶏挽き肉のガパオ炒めを食べたいときは「ガパオ・ガイ」で十分通じる。

トロトロ卵のせガパオライス これ特に美味しい

パリパリに揚げたガパオをのせたガパオライス

挽き肉ではなく切り身の場合もある

食堂によって炒めの最後の段階でガパオを入れるところもある

家の近くの食堂 35バーツ(120円)

タイ東北部ではよくインゲン豆が入っている

つゆだくの店もあるが、つゆなしの方が好き

タイ東北部のガパオライスは辛い

ガパオも唐辛子も汁もいっぱい

ご飯と混ぜて食べるタイ人も多い

全く汁なしのガパオライス

つゆだくのガパオライス マイペット・マイアロイ(辛くないのは美味しくない)とタイ人は云う

目玉焼きに青唐辛子をのせて食べるとうまさ倍増

これはチェンマイの屋台のガパオライス(30バーツ/100円)

注文のときに辛さを聞かれることもあるが、その時はいつも「タイ人の普通の辛さで」と答えるようにしている。

タイ東北部を旅していて、食堂に入りタイ語メニューに困ったときは「ガパオ」を注文する。また付いてくるスープが辛さを胃袋に流し込んでくれるし、旨い。

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

本場タイで食す「ガパオライス」14皿」に3件のコメントがあります

  1. ガパオ大好きです!!
    夏は週1ガパオです(*^^)v

    辛さはあった方がいいですね。やっぱりパンチ効いてないと(^.^)
    私もつゆなしバージョンが好きです。
    卵は、目玉焼きを乗せるのが一般的かと思ってましたが、そうでもないんですね!!
    トップの写真の卵は、ふわとろオムライスみたいな感じですね(^_-)-☆

    いいね

    1. ガパオは辛さ無くてはガパオじゃないですよね。
      旅先で、あっこの人はタイ人ではない、と判断され、唐辛子を極端に減らされるのがつらいです。

      ガパオに目玉焼きのせるのが一般的ですが、チェンマイは観光地ですからね… 普通の白ご飯ですが、ふわとろオムライスみたい(^ム^)

      いいね

      1. 唐辛子減らされる…、そういう気配りは必要ないですね(^^;
        私もタイ人と同じ辛さの物が食べたい!!

        なるほど観光用でしたか(^.^)
        でも、面白いですね(^_-)-☆

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。