タイ東北部サコンナコンのクメール遺跡

「クパンナー遺跡」 このクメール遺跡は11世紀頃にジャヤヴァルマン7世が建造したうちの施療院で、塔門、祠堂、経蔵、周壁で構成されている

「クパンナー遺跡」塔門が見事に残っている

十文字形をした塔門の内部

頭部が欠損した仏像やガネーシャや聖なるゾウが安置されている

塔門内部に祀られている5体の小さな金の仏像

天井部が崩れ落ちた祠堂、右奥にあったと思われる経蔵は基礎の部分しか残っていない

外まわりは周壁で囲われている

「クパンナー遺跡」の説明書き

この遺跡もサコンナコンの郊外にあり、周りには人家がない。地図やスマホを頼りにレンタカーやレンタルバイクで廻るのもいいが、トゥクトゥクに案内してもらった方がなにかと都合がいいと思う。2015/12/26

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。