願い事を叶えてくれる「ドイカム寺院」チェンマイ

チェンマイ市街地から南西に15kmほど離れた山の上に建つお寺「ワット・プラタート・ドイカム寺院」

チェンマイ観光で行きたいお寺はと聞くと、外国人観光客の1位は「ドイステープ寺院」なのに対して、タイ人観光客の1位は「ドイカム寺院」という。ドイカム寺院の参拝客はタイ人ばかりである。

ドイカム寺院は1300年以上前、チャーマテーウィー女王の時代に建立されたといわれている。

タイ人観光客の一番のお目当ては、寺院内にある拝むと幸運が訪れる、願いごとが叶うという幸運仏像「ルアン・ポータンジャイ」である。

まず目を引くのが巨大大仏、奈良の大仏とほぼ同じ大きさ

巨大大仏の前で拝む信仰心が厚いタイ人たち

願い事を叶える仏像「ルアン・ポータンジャイ」の前は参拝客で混雑

ポータンジャイ仏の前でジャスミンの花輪をお供えし、叶えて欲しいことを願いをこめて祈り、と同時に願いが叶ったら差し上げるものを約束する。差し上げるものは何でもよいが、ジャスミンの花輪50本以上とか。ここはとにかくジャスミンの香りが漂っている。

ハリプンチャイ王国の女王チャーマテーウィー像と戦の時に乗っていた魔力を持つ2頭の象

仏塔は寺院建立前の687年にチャーマテーウィー女王によって建立され、釈迦の頭髪が納められているという

奥へ進むと涅槃像、ここからチェンマイの街が一望できる

仏様がチェンマイの街を見守ってくれている

仏塔を2匹の鬼が護っている

徒歩で来る人はこのナーガが護る階段を登る

参拝客が立て続けに高額宝くじに当選したことから、ドイカム寺院の「ルアン・ポータンジャイ仏」は幸運を呼ぶと国内で有名になったという。

小高い山の上にあるドイカム寺院への交通手段として、乗り合いのソンテウやGrabタクシーがあるが、僕はチェンマイ市街地で流しの赤ソンテウと交渉し往復してもらった。2019/1/26

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。