チェンマイのロイクラトン祭り2日目

夕方からワローロット市場近くのピン川沿いで「ロイクラトン祭り」を堪能した。

水の恵みへ感謝し、幸せを願いながら、バナナの葉や幹、色とりどりの花で作った「灯篭」をピン川に流す。これがロイクラトン灯篭流しである。

さらに帳が下りると、願い事を込めて「コムローイ」が夜空に上げられる。花火をあげる若者たちも

川面と夜空に灯りが漂う幻想的な光景は何とも言えない。

僧侶もロイクラトン

灯篭を流す前にお祈りをする

灯篭をピン川に流すチェンマイに伝わる風習

ロウソクと線香がセットになっている

灯篭の形や大きさはさまざま

灯篭をそっと川へ押し出す

川面に浮かぶ灯篭と夜空のコムローイと満月が一体化する

ピン川にかかるナワラット橋の上からコムローイを上げる人たち

水の精霊に感謝を込めて灯篭を流す伝統行事「ロイクラトン」

灯篭にコインをのせて流す人々もいるが、これは翌日川を清掃する人への感謝の気持ちだそうだ。さらに驚いたことに氷で作った灯篭を流す学生風のグループがいたので少し話を聞いたら、環境問題を意識していると言っていた。2019/11/11

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。