チェンマイのソンクラーン祭り

ソンクラーンとはタイの正月で、太陽が12ヵ月の周期を終え、新たに牡羊座に入る時期を祝うものである。ソンクラーンにはもともと仏像や仏塔に、さらに家族の年長者の手に水をかけてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街中で行きかう人どうしが水をかけあって楽しむ「水かけ祭り」となっている。現在は毎年4月13・14・15日の3日間に行うものとされており、タイの祝日にも定められている。

チェンマイでは「サリー・ピーマイ・ムアン」と呼ばれるソンクラーン。寺院では境内に各自が砂を持参してパゴダづくりを競い合ったり、托鉢の僧侶に食べ物を献上したりする伝統的な仏教儀式が行われる。

市街地ではチェンマイの守護神とされる仏像プラ・プッタシヒンに水をかけようと市民が集まり、また北部地方の伝統舞踊など文化芸術のコーナーも設けられる。とりわけ旧市街地のお堀周辺で行われる「水かけ合戦」には、毎年大勢の観光客が参加して賑わう。

昔はひしゃくで、今は高性能な水鉄砲で容赦なく水をかけ合う

背負いタンク付きの進化した水鉄砲も

チェンマイ名物の傘を持った女性の自転車の行列

行列は続く

武器を持ったお姉さんが担がれている

担がれた台の上でタイ踊り

もちろん美人コンテストも

お堀周辺ではトラックの上からバケツで水をぶちまける人々、お堀の水を汲んで応戦する人々

お堀の水はキレイとは言えないがでも泳ぐ

出番を待つ「水かけ祭り仕様トゥクトゥク」

渋滞や信号待ちのソンテウの中にも容赦なく水をぶちまける

「水かけ祭り」期間中に重大な事故が発生することもある。その非常事態に備え救急隊が待機している

救急隊の待機テントの近くには救急車

仏像に水をかける

暑季で暑いから水をかけ合う的な観光客もいっぱい。長年タイに住んでいる日本人の中には、この時期に日本に一時帰国する人もたくさんいる。たしかに期間中は移動に苦慮する。

水をかけられたら「ありがとう」の気持ち、在住の年配日本人が歩いていて不意に水をかけられ激怒しているシーンを見てしまった。

また飲酒が絡むバイク事故で楽しいはずのお祭りが、一転して取り返しのつかないことになる場合もある。全国的に見ると期間中毎年たくさんの人が交通事故でこの世を去っているのは悲しいことである。2017/4/13-15

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。