パーテムの古代壁画

メコン川に面したウボンラチャタニのパーテムの断崖絶壁には、先史時代の人が描いた数多くの壁画が残されている。

高さ40m以上はあると思われる断崖絶壁に横長く広がる壁画から、当時の様子が伝わってくる。研究者によると、2,000~3,000年前のものと推定されている。

劣化した小さな壁画も見落とさないように片っ端からデジカメに収めてきた。

奥まったところに人物壁画が2点

壺のようなものと人の手形

動物と生活に使っていたと思われるもの

このすぐ先は断崖絶壁になっている メコン川の対岸はラオス

近くにはキノコ状をした奇岩があり、数十億年前の海底がのっかっている

パーテムは、ウボンラチャタニ中心部から車で1時間半ほどのところにある。先史時代の人が描いた壁画と地殻変動の事実を目の当たりにすることができる。

Phataem, Ubon Ratchathani, NE Thailand

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

パーテムの古代壁画」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。