タイ北部のヤマアカアリ「メンマン」

ヤマアカアリはチェンマイの市場などで見かけるが、山の土中深くに巣をつくるためか非常に高価な食用昆虫である。成虫は1kg 1,500~2,000バーツで取引されているという。

学名:Carebara castanea Smith,F.,1858

土地の人は、「メンマン」とか「地下アリ」と呼んでいる。

ナコンサワン在住の Joshua Cheng 氏が本種に関するスライドを送ってくれた。同氏に感謝したい。

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

タイ北部のヤマアカアリ「メンマン」」に3件のコメントがあります

  1. 海外では昆虫食が盛んなんですね!
    ただ、形が明らかに虫ってわかるものはちょっと私には厳しそうです><><

    1. 慣れですよ… 3回食べれば次はもうOK 焼きエビと思って食べればOKですよ(笑) 実は僕もマグロの中トロの方が好きです(笑)

      1. でも、美味しいってわかったら理屈抜きで美味しく感じられるんでしょうね!
        機会があったら、ぜひチャレンジしてみたいです!

        P.Sもしかしたら途中で断念しちゃうかもですが…

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。