タイ東北部チェンカーンの虫の串焼き

タイ東北部のメコン川沿いにある小さな街チェンカーンの夜市で「虫の串焼き」を食べた。

種類的にはカイコの蛹とコオロギの2種類だったが、なんと1本の串に30匹以上刺さっている。圧巻である。食べたい串をおばちゃんに渡すと炙り直してくれる。1本20バーツ。

串焼きはカイコの蛹とコオロギだけでなく、川エビやカニも串焼きになっている。というかむしろメインは川エビの串焼きのようだ。

カイコの蛹の串焼き

コオロギの串焼き

川エビの串焼き

同じ屋台でやっているので、コオロギも川エビも同じ感覚なんだろうな…

カニの串焼き

チェンカーンのウォーキング・ストリート

全国から観光客がやって来る

確かに串に刺さっていた方が何かと食べ歩きには都合がいい。川エビの串焼きも食べたのでお腹いっぱいになり、晩ご飯が食べられなかった。(2016/12/25)

投稿者: パッタイ

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。