東京で食べるラープマグロ

ハーブたっぷりスパイシーなマグロのラープ

ラープといえばタイ東北部イサーン地方の郷土料理である。肉類を使ったタイのサラダの一種で、豚、鶏、牛、アヒルなどが一般的であるが、魚が使われることもある。

生魚のラープをタイ語で「ラープ・プラー・ディップ」というが、イサーン地方では養殖された川魚を使う。

東京のタイ料理屋でマグロのラープ「ラープマグロ」を食したことがある。

タイ料理店「メースィールアン」

田無駅前のタイ料理「メースィールアン」だが、現在は「バンコックチリBKK」と改名している。

マグロの赤身に赤タマネギ、マナオ、ナンプラー、煎ったもち米などが叩きこまれる。意外に辛くて、とても美味しい。

タイ料理店「スクォータイ」

青梅(河辺)にあるタイ料理「スクォータイ」 辛いけどマグロの風味があり、とても美味しい。

タイ料理店「Dee Dee Dining」

中神駅の近くのビルの2階にある。見ての通り、マグロの刺身のラープって感じ。

僕が東京で食べた「ラープマグロ」は上記の3店であるが、いずれも事前に予約が必要である。

ラープマグロは、日本人好みに創作したタイ料理なのかもしれない。

投稿者: tropideres

タイの自然や文化、人が好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。